品質へのこだわり
国際クリーニングとは
About us

お客様のニーズに対応した品質へのこだわり

当社はクリーニング工場として、お客様の衛生的で豊かな暮らしのお手伝いができたらと考えております。これまでも衛生面を重視した社内改善や、近年のファッションのデザイン性・機能性など多様化にも対応できるよう作業改善を行ってまいりました。

これから先のさらなる国際化や高齢化などの社会の変化にも、柔軟に対応してゆけるよう日々努力してまいります。お客様のニーズにお応えした品質にこだわり、リネンサプライサービス・衣類のケアサービスを提供してゆきます。お客様の暮らしを豊かに便利にすることをめざし、日々努力してまいります。

国際クリーニングが衛生基準認定工場に

国際クリーニングが、衛生基準認定工場に

国際クリーニングは、一般社団法人日本リネンサプライ協会が認定する、リネンサプライ業に関わる洗濯施設及び設備に関する衛生基準を満たしている会社として認定されました。

当社の認定工場では、洗浄工程、プレス工程、配送工程など、工場入庫から顧客先までの徹底した衛生管理を行っております。また高いクオリティを維持するため、厳しい品質管理のもと、常に安全で衛生的なリネン類を提供しています。

※詳細は、一般社団法人リネンサプライ協会のホームページをご覧ください。

風合いを大切に多様化する衣類に個別対応

風合いを大切に多様化する衣類に個別対応

例えば、風合いを重視したドライクリーニングへのご要望にお応えして、従来に比べてマイルドな洗浄が可能な特殊溶剤を使用し、繊維自体が持っている油分を保ちながら、より自然に近い仕上がりを大切にしています。

また、大型機械で30~50点を一緒に洗う方式ではなく、当社ではたっぷりの溶剤で少点数をしっかり洗うことにより、高い洗浄力を維持するとともに、多様化する衣類に個別に対応しています。乾燥は、1点ずつハンガーに吊るして静止状態で乾燥用ボックスに入れるので、回転式タンブラーのようなドラムとの摩擦がないことや、低温(50℃以下)で乾かすことで、繊維およびボタンなどの装飾品がダメージを受けなくなりました。

アパレル仕様のプレス機で新品に近いソフトな仕上がり

アパレル仕様のプレス機で新品に近いソフトな仕上がり

プレスはより新品に近い状態に復元するために、アパレルメーカーが出荷前の最終仕上げに使用しているドイツ製の人体プレス機とアイロンを導入しています。表面からアイロンで押しつけてシワを伸ばすのと違い、内側からの蒸気で仕上げるので繊維の風合いを生かしたソフトな仕上がりになります。

ドライマーク衣類を当社独自の特殊水洗いでサッパリ

ドライマーク衣類を当社独自の特殊水洗いでサッパリ

衣服を大切にしている方にぜひ一度試していただきたいのが、ドライクリーニングと水洗いの良さを生かした画期的な特殊クリーニングの「爽快ウォッシャブル」です。ドライクリーニングだけでは落とすことのできない汗の汚れ、水溶性の汚れやニオイの除去を可能にしました。デリケートな衣類をただ単に水に浸すだけではなく、ダメージを与えない工夫をし、洗濯機の回転力を利用してしっかりと洗いますので、頑固な汚れもサッパリ洗い落とすことができるのです。

また、爽快ウォッシャブルの技術開発途中で、縮んだ衣類を元のサイズに戻す復元加工の技術も得ることができました。これにより、家庭用ドライ洗剤で失敗した縮みも直すことが可能となりました。

衣類ケアのプロの証

衣類ケアのプロの証

クリーニング業に従事する上で必要な技術や知識は幅広く、奥深く、昨日今日で習得できるものではありません。国際クリーニングでは都道府県認定クリーニング師、繊維商品めんてなんす研究会の定めるクリーニングアドバイザー(CA)、日本衣料管理協会認定の繊維製品品質管理士の資格保有者が数十名おります。長年積み上げた実務経験と共に、クリーニングのこと、ファッションのこと、繊維製品のことなど、様々な知識を日々学び仕事に生かしています。
国際クリーニングでは従業員の教育面から品質の向上・安全を目指し、お客様の声にお応えしてゆきます。

シミ抜き技術へのこだわり

シミ抜き技術へのこだわり

知識・技術そして経験をもった専門スタッフが担当いたします。食べ物、インク類、サビ、その他のシミに特殊な薬品・溶剤を使用し、専用の機械で処置いたします。
現在、多くのお客様に喜んでいただいております。
お困りのシミは各店受付スタッフまで是非ご相談ください。

環境と品質に配慮した水へのこだわり

環境と品質に配慮した水へのこだわり

当社のクリーニング工場では、1日平均180トンもの水を毎日大量に使用しています。その洗濯排水を水道水以上の純度の高い水(リサイクル水)に浄化して再利用する設備を工場内に導入し、環境問題にも積極的に取り組んでいます。導入後は、1日に使用される水180トンのうち、実に120トンをリサイクル水として回収し、排水量の大幅軽減を達成しています。

また、このリサイクル水を特殊な装置に通してナノレベルの振動(1秒間に10の12乗回)を与えることにより、繊維の奥の汚れまで落とすことができるのです。そして、白いものは白く、色ものは鮮やかに洗い上げます。さらにこの不純物のない水は、最低限の洗剤量と最小限の水量での洗浄が実現するという、まさにいいことづくめのスグレモノなんです。

この環境と品質に配慮した「水」へのこだわりが、クオリティの高いクリーニングサービスを生み出しています。